電子ピアノの買取相場は、どのようにして決まるのでしょうか?

結論から先に言うと、エリアによってかなり買取額にバラつきがあるから、相場は気にせず1社でも多くの買取業者に査定依頼するのがオススメです。

電子ピアノ高価買取査定依頼はこちら

エリアによる相場の違い

電子ピアノの買取価格に最も大きな影響を与える要素は、ずばり!「エリア(地域)」です。

電子ピアノは宅配での運搬費用が高額となるため、基本的に買取業者が引取(輸送)までをしなければいけない商材です。買取の際も、販売の際も同じ事が言えます。そのため、電子ピアノは買取業者が多いエリアでは買取相場が高くなり、買取業者が少ないエリアでは買取相場が低くなる傾向があります。

また、狭いエリアに人口が密集している首都圏では、効率良く引取りを行う事ができて電子ピアノ1台あたりの引き取りコスト(人件費やガソリン代)が抑えられるため、その分を買取額に上乗せする事ができます。その結果、買取相場が高くなりがちな傾向があります。加えて、東京近郊だと買取に行ける業者がたくさんいるため、必然的に査定額は他のエリアと比較して高くなります。

逆に北海道や東北、四国、九州などでは広いエリアに対して買取を行う事から、電子ピアノ1台あたりの引き取りコスト(人件費やガソリン代)が割高になり、買取額を余り高くできないため買取相場が東京近郊と比べて低めになる傾向があります。加えて、これらのエリアは買取業者が少ないために業者間での買取競争が起こりにくく、結果的に査定額が低めになる傾向があります。

つまり、電子ピアノは、同じ機種でもエリアによって買取価格にかなりのバラツキがあるのです。

【ヤマハ CLP-230】で比較してみる

【ヤマハ CLP-230】は、2006年に発売されたクラビノーバシリーズです。2018年1月時点でのエリアごとの買取相場は以下のような金額となっています。(当サイト独自調べ)

東京都内から、東京都内の業者に売却する場合

買取相場:8,000円~12,000円程度

大阪市内から、大阪市内の業者に売却する場合

買取相場:0~8,000円程度

福岡市内から、福岡市内の業者に売却する場合

買取相場:0~5,000円程度

当サイトの相場感では、上記のような買取相場となります。同じ機種でも、エリアによってかなり相場が異なる事がお分かり頂けるかと思います。

時期による相場の違い

電子ピアノは同じ機種でも時期によって買取価格が変動したりもします。

電子ピアノの高価買取が期待できる時期】で詳しく解説してありますが、12月・2月・6月は買取相場が上昇傾向にある時期です。

電子ピアノの売却を急がないようであれば、売り時をしっかりと見極めて売却されると良いかと思います。

その他の要素

更に、同じ機種でも製造年や付属品の有無、傷の有無などによっても数千円の差が出たりします。

どのような要素が査定に影響するのかという点については【電子ピアノの傷や破損は査定に影響する?】で詳しく解説していますので、ご参照ください。

本コラムの冒頭に書きましたが、少しでも高く電子ピアノを売りたいとお考えでしたら、相場はあまり気にせずとにかく1社でも多くの電子ピアノ買取業者に査定依頼される事をオススメ致します。

当サイトでは、一度の査定依頼で最大10社からの査定を受ける事ができますので、査定依頼先のひとつとして是非ご利用ください。

電子ピアノ高価買取査定依頼はこちら