電子ピアノを高く売る事ができる時期

電子ピアノには高価買取が期待できるシーズン、つまり売り時があるのをご存じでしょうか?

電子ピアノの買取相場は、時期によって変動します。そして、1年に何回か売り時】があります。
大掃除をきっかけに電子ピアノの売却を決意されて、年内に手放してしまいたいという方が多い印象です。

1年で電子ピアノの高価買取が最も期待できるのはズバリ、12月中旬まで。

年間を通じて、電子ピアノが最も高く売れるのは11月下旬から12月。理由はいたってシンプルで、クリスマスには中古電子ピアノの需要が増えるためです。
電子ピアノ買取業者は、買取をした電子ピアノをメンテナンスして中古電子ピアノとして販売します。そのため、買取ができない=仕入れができない=販売ができないという事になるため、しっかりと買取を行う事が中古電子ピアノ業界の最大のポイントになるのです。

そのような理由から、クリスマス前の時期はどの業者も通常の査定額よりも何割か高めに査定額を提示する事が多いです。この時期は特に価格交渉にも積極的に応じてくれると思いますので、電子ピアノを売ろうかな?とお考えの方には、今すぐ査定依頼をされる事を強くオススメします。

電子ピアノ高価買取査定依頼はこちら

 

2月下旬から3月上旬も売り時!

2月下旬から3月にかけては引っ越しシーズンです。引っ越しのタイミングで電子ピアノを売却する方もいらっしゃるかと思います。この時期も電子ピアノの買取相場が上昇傾向にあります。

なぜなら、4月になると新学期でお子さんがピアノレッスンをスタートするため、中古電子ピアノの需要が高まるからです。業者はこのタイミングに合わせて2~3月にしっかりと電子ピアノを買い取り、4月に備えます。

ただし、引っ越しギリギリのタイミングで査定依頼をすると「●日までに引き取り希望」という条件を提示せざるを得ず、結果的に査定額に影響する可能性があります。引っ越し日程が確定していて、そのタイミングで電子ピアノの売却を考えているなら3月上旬までに査定依頼する事をオススメします。

6月~7月上旬も買取相場が上昇する時期

次に電子ピアノの買取相場が上昇するのは6月~7月上旬。

これは7月下旬から始まる夏休みを前に、中古電子ピアノの販売が伸びるからです。特にボーナスが支給された直後のタイミングには、入荷前でも予約でいっぱいになるぐらいに中古電子ピアノが売れます。

そのため、業者はとにかく買取に必死です。特に販売力のある業者だと、平常時の買取相場よりも10~20%ぐらい高くても買取りをする事があります。

価格交渉可能を謳っている電子ピアノ買取業者には、積極的に価格交渉する事をオススメします。

特に高く売れる電子ピアノとは?

ピアット提携業者に、特に高く買取をしている機種について聞いてみました。

第3位:カワイ CA17

木製鍵盤搭載で、お手頃価格の電子ピアノが欲しいという方に大人気のカワイCAシリーズ。
中でも今、中古電子ピアノ市場で人気が高いのが【CA17】です。
もし【CA17】を売りたいなとお考えの方がいらっしゃいましたら、思いがけない高価での買取が実現するかも知れません。

高価買取が期待できる電子ピアノ カワイ CA17
第2位:ヤマハ YDP-162 他、YDP ARIUSシリーズ

お手頃価格ながら、象牙調の鍵盤を採用し長時間の練習でも指が疲れにくい事からお子様のレッスンスタートに人気の【YDP-162】は、年間を通して常に入荷待ちの状態が続いているため、業者は積極的に買い取りたい機種です。

【YDP-162】に限らず、ヤマハ ARIUS YDPシリーズは不動の人気シリーズですので、少しでも「売ろうかな?」とお考えでしたら早めに査定依頼をされる事をオススメ致します。

第1位:ヤマハ CLP-430 他、CLP クラビノーバシリーズ

電子ピアノシェアナンバーワンを誇るヤマハのCLPシリーズは、季節を問わず安定した人気モデルのひとつです。
そのため年間を通じて比較的高価での売却がしやすい機種ではありますが、売り時になると更に人気が高まるため、査定額も当然UPが期待できます。

CLP-430】や【CLP-330】はもちろんの事、【CLP-535】や【CLP-545】など上位機種も高価買取対象機種となります。
クラビノーバを高く売りたいとお考えでしたら、とりあえずピアットで一括査定依頼をしてみられてはいかがでしょうか。

電子ピアノ高価買取査定依頼はこちら